がんと向き合う

医療情報と電話相談

〜氾濫する情報の中で統計家のミッションと、
 電話情報センターの立ち上げ、休止、そしてこれから〜

2015年6月22日

医療情報と電話相談について、大変興味深い、勉強になるお話です。

残念ながら2014年12月に休止となったNPO法人日本臨床研究支援ユニット内にあった電話情報センターの意義の一つには、氾濫する医療情報を整理し、医療者と患者の情報ギャップを埋めることがありました。

医療情報の歴史と、その電話情報センターの設立から休止に至るまでを、
統計家でもあるNPO法人日本臨床研究支援ユニット 大橋靖雄理事長に語っていただきました。

インタビューの内容に関しての記事はNPO法人 血液情報広場・つばさが発行している「Newsletter ひろば 2015年6月号」にも掲載されます。

プロフィール

大橋 靖雄

大橋 靖雄さん(おおはし やすお)

中央大学理工学部人間総合理工学科教授
東京大学 名誉教授

1976年 東京大学工学部 卒業
1979年 東京大学大学院工学研究博士課程から 東京大学大学院医学系研究科へ転籍
1990年 東京大学大学院医学系研究科 教授
2001年 NPO法人 日本臨床研究支援ユニット設立 理事長
2014年 中央大学理工学部人間総合理工学科 教授