がんと向き合う

信頼できる情報と納得して受ける治療が大切

2013年12月25日

ご自身が理事長を務める一般社団法人グループ・ネクサス・ジャパンの活動の3本柱と、
患者さんの現状、医療現場の現状を踏まえた上で、日本の医療の発展に向けて大切な
お話を数多く伺えました。また、ご自身の体験や活動の中から、性の問題、就労問題についてもお話いただきました。

プロフィール

信頼できる情報と納得して受ける治療が大切

天野 慎介さん(あまの しんすけ)

一般社団法人 グループ・ネクサス・ジャパン 理事長

2000年に悪性リンパ腫を発症し、化学療法、放射線療法、自家末梢血幹細胞移植を受ける。
2002年よりネクサスの活動に関わり、2006年より理事長。
がん患者支援に関わるとともに、省庁や医療機関、学会などの委員会に、
患者の立場の委員として参画している。