がんと向き合う

分かち合い・語り合い

2013年12月25日

1986年、ご子息が10歳で「慢性骨髄性白血病」を発症。

橋本さんも共に闘い、血液がんと小児がんの支援活動を開始。

しかし1992年、「母の心臓」とも言える存在のご子息が旅立ちました。

それまでの状況、悲哀の時期の心境、そこから前を向けるようになった心の支えなど、
時には母の目線で、時には支援者の視点でのお話です。

現在、大切なご家族と共に闘っている方々へのメッセージのキーワードは「分かち合い・語り合い」。
体験者、支援者ならではの橋本さんの力強さと温かさが伝わってきます。

プロフィール

分かち合い・語り合い

橋本 明子さん(はしもと あきこ)

NPO法人血液情報広場・つばさ理事長
NPO法人 日本臨床研究支援ユニット
がん電話情報センター(CTIS) 相談主任

1986年にご長男の慢性骨髄性白血病(CML)発症をきっかけに、血液がんと小児がんの支援活動を開始。現在はCML以外の全血液がん・非がんの患者さんを対象に、全国展開のつばさフォーラムや、がん情報電話センターなどで支援活動を続けている。